旦那と義親と目玉焼きの朝





今日の朝、旦那が夜勤明けで帰ってきました。

私は仕事が休みだったので

ゆっくり朝ご飯の用意をしました。


その頃姑も玄関からいつもの

「いてるぅ~?」と言いながら入ってきました。

今日は珍しく舅も一緒に連れてきていました。


姑は、今日は私と旦那がいる事を分かっていて

朝ご飯を一緒に食べる為に早い時間から来たのです。


老人二人が増えたからといって

大した量は食べないのですが、それでもその日によっては

私の分を舅にあげたり、二人分を4つに分けて食べたりします。









今日もどうするのかと思って

「朝食べた?」と聞くと

「ここで食べるつもりで来た」
と言うので

目玉焼きとハムを追加で焼きました。


で、ご飯は普通に私達と同じのを出すのですが

舅は黙って食べるけど

姑は「固い、柔らかく炊いて」と文句を言うので

結局それをお粥にしたりします。


なんだか、朝から顔を合わせてご飯って、

すごく一日が長く感じます。



普段はほとんど食事は別なので、こんな事はたまにあるだけです。

でも時々こんな日があるだけで

同居を想像してゾッとします。

すぐ見える距離に旦那の親は住んでいますが

毎日向き合ってご飯を食べるなんて耐えられそうもありません。。。

このまま通い同居レベルが続く事を願います。。。






ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・

[La_Vita] Designed by Akira.

Copyright © ~その日暮らし~ All Rights Reserved.