TOP

貧乏

節約

旦那

パート

在宅ワーク

記事一覧

自己紹介

メール

このブログについて


今も昔も貧乏暮らし。まさにいつも「その日暮らし」でした。
その上旦那が50歳を目前にしたある日、突然仕事を辞めてきました。
現在は何とか再就職したばかり。この先不安いっぱいです。
貧乏や節約の事、パートや在宅ワークの事、姑や家族の事などを主婦目線で書いていきます。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

姑世代の自己主張に嫁世代が負けました






今日の夕方、近所の人と立ち話になりました。

その近所の人とは

少し前にブログで書いた、姑を締め出した家の嫁です。

親を締め出す徹底作戦


私が

「聞いたよー、お姑さん、家に入れなくしたんだって?」

って、冗談めかして言うと、

「それが結局今は元通りよ」って言い始めました。



そもそも、姑を締め出す為だけに

無理やり鍵を交換した訳ではないそうで、

鍵の調子が悪くて使い辛くなっていたので交換したらしいです。


で、新しい鍵を姑に渡す?って夫婦で相談した時に

毎日家に来られるのも鬱陶しいから、

渡す必要ないやろ…って事になったとの事でした。


まぁ、そこは私と一緒で

姑に毎日勝手に家に入られるのは嫌だって気持ちがあるのは当然ですよね。









だけどあの後、その姑さんが

近所の人に、「嫁に締め出された。鍵を勝手に変えられた」って

言い回っているらしいのです。


確かに、うちの姑にも速攻で情報が入っていましたからね。

で、そのお嫁さんは、近所の人達に会う度に

「何かあったの?」とか

「大変そうね」とか色々言われて

挙句の果てには「お義母さんにも鍵を渡してあげてよ」って

余計な意見を言いに来る人までいたとか!


うわ~!それはキツイわ!って私は言いました。

いつの間にか嫁が悪者になってますから。

で、最終的に諦めて、その近所の人は姑に新しい鍵を渡したそうです。。。


結局そうなるんですねぇ~~

ある程度離れている距離に住んでいたら

鍵を渡さないって事も受け入れてもらえるのかもしれませんが

目と鼻の先に住んでいるのに親に鍵を渡さないのは

「家族として冷たい」って近所からも思われてしまうようです。


私は話を聞いてガッカリしました。

結局そうなるのか~って思うと、全て親世代の思い通りって気がします。


あと10年程したら近所も変わってくるのかな。

その頃は自分が婆さんになっていそうですが。。。


ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

写真メインの貧乏めしブログも書いています↓

関連記事

人気記事ランキング



ブログランキング

応援クリックして頂けると嬉しいです


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

プロフィール

千鶴

Author:千鶴

50代のパート主婦。
旦那と、社会人の息子が一人。
スープが熱々で届く距離に義理親が住んでいます。スープが少し冷める距離に小姑もいます。

詳しい自己紹介
プライバシーポリシー

姉妹ブログ


写真メインの貧乏めしブログも書いています!

QRコード

QR

検索フォーム