旦那

病院通いばかり。健康は不安だけど働かせてもらえる有難さ





今日はまた旦那は病院に行きました。

シフトでは休日にしてもらったみたいなので欠勤ではありません。

ただ何度も言ってるのですが

前もって私に教えてくれないので、こっちは前日に弁当のおかずの用意をしたり

朝もおにぎりを作ろうと慌てたりしてしまって

呑気に寝ている旦那を見てようやく知る…って感じです。


でも病院に行く事は私も勧めていたので良かったです。

で、何科に行くの?って思いますよね。

最近の旦那はあちこち不調で、耳鼻科や口腔外科には先日行ったばかり。


先日眩暈がしたので、内科での検査も必要かもしれませんが

今日は行ったのは整形外科です。


耳鳴りがするって言い始めた頃から、旦那の五十肩が酷くなっていました

実際診察してもらっていなかったので五十肩かどうか不確かですが

私が以前なったのと同じ感じだったので

「多分五十肩よ。そのうち治るわ」って私も言って放っておいたんです。


でも介護の仕事というのもあるのか、

腕や肩に負担がかかり悪化したようで、増々最近痛くなって

腕を前後に振るのも辛いって言い始めました










こうなってくると、仕事を辞めたいと言うより

仕事を辞めざるを得ない状況になってきます。

職場では無理をしないように、今は入浴介助を担当せずに

レクレーションや食事介助を担当するようにしてくれているらしいです。

そんな風に気を遣ってくれて、

聞いていると他の従業員の方々は本当に良さそうな人です。


で、旦那は以前私が行ったのと同じ整形外科に行ったのですが

やっぱり私の時と同じで、レントゲンだけ撮って

MRI検査はしなかったようです。


私が「腱板断裂の場合はMRIを撮らないと分からないらしいよ」って

ネットで調べた情報を旦那に伝えてあったので、旦那は医者に

本当にMRIを撮らなくて大丈夫か確認したらしいのですが

「腱板断裂の場合はそんな状態ではないですから」って言われたそうです。

私が余計な事を旦那に吹き込んでしまったせいで、

患者に意見されて先生も気を悪くされたかもしれません。。。反省。


結局旦那もシップと飲み薬を貰って帰ってきましたが

治るまでは時間がかかりそうです。

介護職の場合、酷い腰痛の人などは、労災扱いで休みをもらったり

思い切って転職する人もいるらしいですが、五十肩ではそこまでする人はいないでしょうし

旦那も労災なんて職場に言う気はないって言っていました。


職場には迷惑をかけてばかりですが

こんな状況の旦那でも働かせてもらえている事が有難いです。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・

[La_Vita] Designed by Akira.

Copyright © ~その日暮らし~ All Rights Reserved.