TOP

貧乏

節約

旦那

パート

在宅ワーク

記事一覧

自己紹介

メール

このブログについて


今も昔も貧乏暮らし。まさにいつも「その日暮らし」でした。
その上旦那が50歳を目前にしたある日、突然仕事を辞めてきました。
現在は何とか再就職したばかり。この先不安いっぱいです。
貧乏や節約の事、パートや在宅ワークの事、姑や家族の事などを主婦目線で書いていきます。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

家に入るならそれぐらいやってくれてもいいんじゃない?






今日は天気予報をチェックせずに

朝から洗濯物をたくさん干して仕事に行ってしまいました。

朝は晴れていたので大丈夫だと思っていたのですが

昼頃から天気が急変して雨が降ってしまい、

帰宅すると洗濯物が濡れたままになっていました


こんな時、いつも思うのですが

「姑、一体何の為にうちにいるのよ!?」
って。

ただでさえ、鍵を勝手に開けて家に入る…

という事に耐えているのです。

普通、留守中に家に入られて平気な嫁なんていないでしょ?

いたとしても少数派。

それも今更仕方ないか…と諦めて我慢しているのに

雨が降ってきたら洗濯物を入れてくれてもいいと思いませんか?


洗濯物は姑がいるリビングの横、すぐ見える場所です。

「お義母さん、雨が降ってきて洗濯物が干してあったら取り入れてね」

今まで何度お願いした事か…。







だけど私が帰宅するといつもそのままで、

どれ程の豪雨であっても、洗濯物は外でびしょ濡れのまま放置です。


姑の言い分は、

「背が足りない、腰を伸ばすと痛い」とか

「取り入れようと思った時には雨がたくさん降ってたから私が濡れる」とか。


何だかんだ言いながら、今まで取り入れた事はありません。

背が足りないと言いながら、エアコンの電源を入れる為なら

椅子を持ってきて上に乗る体力はあるんですからねぇ…ある意味感心します。


それとも姑に何かを期待する私が間違っているのでしょうか。

時々、買い物や自治会の用事とかは姑がやってくれると言う近所の人の話を聞くと

凄く羨ましいです。それも買い物の代金まで負担してくれる事も多いとか。


まぁ、他人と比較し始めるとキリがないですけどね。

私は私。と言い聞かせながら、

濡れた洗濯物をもう一度洗い直し、部屋干ししました。


ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

写真メインの貧乏めしブログも書いています↓

関連記事

人気記事ランキング



ブログランキング

応援クリックして頂けると嬉しいです


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

プロフィール

千鶴

Author:千鶴

50代のパート主婦。
旦那と、社会人の息子が一人。
スープが熱々で届く距離に義理親が住んでいます。スープが少し冷める距離に小姑もいます。

詳しい自己紹介
プライバシーポリシー

姉妹ブログ


写真メインの貧乏めしブログも書いています!

QRコード

QR

検索フォーム