転職

新たな理解者が現れたかもしれません





今日は会社に行くと、70代ぐらいの男性が来ていました。

誰だろうと思っていたら、その人は会長らしく

社長に紹介されました。

この会社に勤め始めてから会うのは初めてです。

そんな人が存在する事自体、私は知りませんでした。


しばらく体調を崩されていたようで

休職していたらしいのですが、

また仕事に復帰するそうです。


で、驚いたのが、その会長…若いんです!

年齢は70代なのですが、

どっしりとただ座っているだけの会長ではなくて

現場の仕事に手を出すのでビックリしました。

エクセルで何やら表を作ったり、

経理の事も色々チェックされていました。









うちの親達なんて、エクセルどころかパソコンの電源も入れられません。

70代なのにエクセルの関数まで使いこなしている会長が凄いです。


ただ……会長なのにこんな事するの?っていう違和感がありますが。

普通、会長って名誉職で存在するだけ…ってイメージがあるのですが

この会長はガンガン実務に関わってくるのです。


それで私が、請求書の事や会計処理の事、支払いの事など

色々不安要素を会長に話すと、

「それは私が分かっているから大丈夫です」って言われました。


それなら安心していいのかな…と思う反面、

所々私と会長の話が噛み合わず、(老人に何を言っても通じないあの感じ)

不安は拭いきれません。


ただ、騒いでいるだけの社長よりは実務を理解されているようなので

今後はこの会長に相談した方が良いのかもしれません。


日々変化があって、落ち着く事がありませんが

辞めるのはいつでもできる…

そう思いながら何とか自分の背中を押しています。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・

[La_Vita] Designed by Akira.

Copyright © ~その日暮らし~ All Rights Reserved.