ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



転職

今日は最後の出勤日でした





今日も朝起きた時から体が怠くて

どれだけ寝ても疲れが取れない感じです。

目は霞むし、下腹は痛いし…不調続き。

それでも今日は最後の出勤日です。

やっとこの日がきたか…という気持ちで仕事に行きました。


考えてみたらたった半年程の事ですが、

なぜかもっと長くこの会社にいたような気分です。

毎日色んな出来事があり、感じる事や考える事が膨大にあったので

ボーっと勤めていたパートの頃よりも濃密な日々だったような気がします。

出来れば次の仕事は何となく時間が過ぎるような平和な職場に行きたい…。


今日も一日狩野さんの質問に答えたり一緒に考えるだけで

あっという間に時間が過ぎました。

忘れ物がないように、デスクやロッカーの私物を整理して

パソコンから自分の名前が入ったフォルダを削除したり

不要な書類をシュレッダーしたり。

最後に名札を返した時、何とも言えない解放感がありました。


短期間お世話になっただけなので迷ったのですが、今日は一応退職の挨拶として

菓子折りを持って行きました。

制服は会社がクリーニングに出してくれるので、

もう二度とこの会社に来る事はないと思うと、いよいよ最後だと実感しました。


と、私がそんな風に最終日だと実感していたのに対し

相変わらず社長や狩野さんは線引きが緩くて、

菓子折りを渡した時も、「これが最後って訳でもないのに」と言っていました。

他にも「また連絡するから、困った時には来て下さいね」とか、

「次の締め日にだけ来てもらえますか?」とか…。

本当に最後の最後までしつこい変わりません。この人達の口癖なのでしょうか。









今日は何を言われても、「お世話になりました」とだけ返事をして

ただずっと笑っておきました。

まともに反論したり、はっきり否定すると余計に話が長くなると

この数か月で学習しました。笑って流すのが一番です。


社長に、「このコロナの時期に辞めるのは無謀やろー」って

嫌味半分?冗談半分?って感じで言われましたが、

それも「そうですね~」と笑顔でスルー。

でも内心は、図星をさされたな…と思いましたけど。

営業事務の人達にも、

「次の仕事探すの大変ですよね」と言われ、

自分でも分かっているけど、他人に言われると余計に焦ってしまいます。


定時になり帰る間際も、社長に「短い間でしたがお世話になりました」と挨拶しましたが

返事は「また連絡するわ」だけ。「お疲れ様」はありません。

営業事務の人達も軽く会釈をしてくれる人もいれば、頭も上げず仕事に集中している人も。

あっさりしていてある意味気が楽です。


ただ、私が事務所を出て一人で駐輪場まで歩いていると

営業の男性が3人追いかけてきました。

そして3人は、「千鶴さん、今までお疲れ様でした。また近くに来たら寄って下さい」と言ってくれました。

最後の社交辞令だと思いますが、

わざわざ追いかけてきてくれた事や、笑って手を振ってくれた事が嬉しくて

涙が出そうになりました。


仕事が絡むとみんなが冷たくて嫌な人に見えてしまいますが

一人一人はそうでもなかったのかもしれません。

あれ程辞めたかった職場なので、帰り道はスッキリした気分でしたが

ほんの少し寂しさもありました。

それは最後に優しい言葉をかけてもらったからなのか、

明日から自分の行く場所がないからか、よく分かりません。

だけどあまり考え過ぎず、まずは体調を戻したいと思います。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・