ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



嫁姑関係、その家庭による関わり方の違い





昨日の私の愚痴に、アドバイスや励ましのコメントを頂きありがとうございました。

一時期に比べれば、姑との関わりも諦めモードというか

毎日勝手に鍵を開けて家に入ってこられる事も慣れてしまって

これが当たり前のようになっています。

ただ、今回のように私の疲れや忙しさと

姑のキツイ口調が重なった時、私の中でプツッと何かが切れてしまうのです。


友達や近所にも義理の親の介護をしている人はいます。

同居している人もいれば、近くに住んで通っている人とか。

でもみんな関わり方はバラバラで、

驚くのは、同居しているのに、お姑さんが嫁にほとんど頼らない人もいる事です。

同居している嫁に嫌な思いをさせない為なのか

自分も一緒にいて息がつまるからか、理由ははっきり分かりませんが

日中は同じ敷地に建てた別宅から一歩も出てこないという姑さんもいて

病院も嫁に報告もなく、勝手に自分でタクシーを呼んで行くそうです。

なんて自立してるの!と驚くやら羨ましいやら…。


ただ、別宅、タクシー、と聞くだけでお金に余裕があるんだな~とも思いますが。

でもうちの姑だって、わざわざうちに来なくても

日中は自分の家にいてくれればいいのに…といつも思います。


ですが、近所にはまだまだ上手の姑さんもいて、

同じように息子の近所に住んでいるけど、毎日鍵を開けて勝手に息子の家に入り

家の中の物を勝手に捨てたり、自分の置きたいものを持ってきて家の中に置かれたりとかあるらしいです。









あともっと驚いたのは、

友達はお姑さんと同居していますが、

旦那さんと嫁(私の友達)の財布管理は、全てお姑さんがやっている人がいました。

お姑さんから今月分として生活費を貰うだけと言っていました。


まずそんな事が出来るというのは姑さんがかなりしっかりしていますよね。

それが一体何歳まで出来るのか疑問ですが、

その状況に従っている友達も凄いな…と思った記憶があります。


そんな感じで、私から見ればいいなぁと思う家庭もあれば

そこまで我慢してるの?と驚く家庭もあり、やっぱりそれぞれですよね。


私も出来る事なら、姑に毎日家に来て欲しくないし

病院も自分で行って欲しいです。

でも、家に来るのはさておき、通院に関しては

これまでずっと付添ってきたので、今更「出来ません」と私が言うには罪悪感があります。

もちろん義理の姉が行ってくれれば良いのですが

それは出来ないと言われてしまうので結局仕方ないのかな…という繰り返しで。


どこのお嫁さんも、ムカつく事とかありつつも

葛藤を繰り返しながら同じように日々過ごしているのかなーと思います。

せめて旦那が共感してくれれば気持ちも楽になれるんですけどね。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・