転職

給料を現金で手渡しする職場





昨日の夜、蚊の音が気になり遅くまで寝付けませんでした。

蚊取り線香を出してきて、ようやく眠る事が出来たのですが

そう言えば今年に入って蚊が気になったのは初めてです。

ようやく夏だなーと実感しました。


先週、職場からお給料を頂きました。

まだ1ヶ月も経過していなくて、締め日までの日数だと

さらにほんの少ししか無かったのですが

とりあえずこれから毎月安定して貰えるお給料があると思うと

このまま続けられるように頑張ろうという気持ちになります。

転職をする度に、空白期間の収入が途絶えますから。


ただ今回驚いたのは

給料が現金で手渡しでした。

いつ以来でしょう…。

ずっと昔、30年程前には、手渡しでお給料を頂いていた職場があります。

ですがそれもその一社だけでした。


その後に転職を繰り返しましたが

全て給料は振込でした。


なので私は今回もお給料は振込だと思い込んでいたのですが

いつまで経っても口座番号を聞かれないので、ずっと気になっていたのです。









するとお給料の日に、所長が「千鶴さん、給料を渡したいのですが」と言い、

所長の席の前に来るように言われました。

目の前に行くと、所長の隣には奥さんが立っていて、

少し所長から仕事への評価や注意点のお話があり、

最後に「ご苦労様でした」と、給料の入った封筒を渡されました。

私は両手で封筒を受け取り、深々と頭を下げ

「ありがとうございます」と言ったのですが、

まるで賞状でも受け取る時のような仰々しさがあり

いや、でもこれが昔では当たり前だったんだわ~と思い直しました。


ただ、この給料の事もそうですし、この職場では他にも多々

まるでひと昔前の職場だわ、と思う時があります。

そういう意味でふと思ったのは

やっぱりお中元はしなくて良かったのかな?とまだ気にしています。


私が若い頃には、上司や社長にお中元を送るのが当たり前でした。

従業員の人数がある程度いたので

みんなで合わせて一緒に送ったり…。


でも結婚してパートで働くようになり、

いつの間にかそういう事をしなくなりましたね。

パートだからなのか、時代がそうでなくなったからなのか、職場によるだけなのか分かりませんが…。


そして今の職場ではどうするべきか悩み、

先日の飴の件もあるので、余計な事はやめておこうと思ったのです。

⇒雇われている人がやってはいけない事



でもこうして給料を手渡しする時の仰々しい雰囲気を見ると

やっぱり上司へのお中元は当たり前という考えなのかも…とまた迷い始めたり。

あ~~こういう時、本当に同僚が欲しいです。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・

[La_Vita] Designed by Akira.

Copyright © ~その日暮らし~ All Rights Reserved.