転職

帰ろうコールに耐える経営者と従業員





今日は連休明けの久々の出勤日でした。

今年のお盆は今までで一番ダラダラと過ごした気がします。

お盆の集まりに親戚が来なかった事が大きいですが

実家の方も、「わざわざお盆に来なくていいからね」と

連絡があったので、あえて行きませんでした。


そして以前はお盆時期の短期バイトをしたり、

昨年までは在宅ワークとの両立だったので

休みの日でも実際に休んだ記憶がなくて、

今年のような本当に何もしないお盆休みは珍しいです。


それでも貧乏性が抜け切らず、

何もしない時間はサボっているような気がして

心から落ち着けません。

なので今日の出勤は憂鬱なのですが、

その一方で、行くべき場所に行っている満足感みたいなのがありました。

変ですよね?嫌だ嫌だと言いながら仕事に行っているのに。


でも今月は休んだ分収入が減ってしまうし

気持ちを切り替えて頑張らなくては…と思いつつ出勤したところ、

朝一で奥さんが言いました。

「やる気出ねぇ~」


奥さんはいつもこんな口調です。

少々?かなり?荒っぽい男性のような言葉を使います。

もちろん使い分けていて、お客様には普通に話されていますが

私と所長だけになるといつもこの調子で、最初は驚きましたが

最近は少しずつ慣れてきました。慣れって怖い(笑)


奥さんが「仕事サボりたいー」「帰りたいー」と駄々をこね始めたら

私と所長が苦笑するというのがお決まりの流れになってきました。


今日も二人で苦笑いをしていると、奥さんが

「ねぇ、ねぇ、今日はお盆明けで疲れてるから

お昼で帰ろうよ!」と言い始めました。









確かにお盆明けで働きたくない気持ちになるのは共感出来ます。

でも長く休んでしまったので、私はこれ以上休みにされるのは収入的に辛い…。

そして所長も困るらしく、

「仕事がたまってるからそれは出来ません」と言っていました。

ちなみに所長はいつも口調が丁寧です。

奥さんに対してもこんな感じで敬語を使う事が多いのですが

それは多分、私が同じ空間にいるので一応従業員の前では

礼儀正しい言葉を使われているのだと思います。

家ではどんな口調で会話されているのか気になりますが。


そしてしばらく所長と私が黙々と仕事をしていました。

すると奥さんは余計にイライラしてきたようで、

「かーえーろー、かーえーろー」

とずっと言い続け、所長の耳元まで近づいて言っていました。


それでも完全無視の所長。

いつもなら所長が折れるのですが

今日は余程忙しかったのでしょう。

奥さんは机をバンバン叩き始めるし、私と所長はひたすらそれに耐えて無視するし

こうして客観的に書いてみると異様な雰囲気ですよね。

でもその場にいると、何とかこの時間が過ぎて欲しいと思うばかりで必死です。


休み明け初日から、なかなか強烈な一日でした。

あ~、またこんな日々が続くんだなーと実感しています。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・

[La_Vita] Designed by Akira.

Copyright © ~その日暮らし~ All Rights Reserved.