日記

老後の交通手段を考える





今日は仕事に行く途中、

近所で軽自動車が溝にタイヤがはまってしまい、

運転手らしき人が道路に出てきてオロオロしていました。

結構な高齢者で、70代半ばか…80歳ぐらいかも


kourei_jiko_car.jpg



細い道なので、車が対向も出来ないような場所です。

そんな場所で朝のラッシュ時間に事故を起こしてしまうと

前も後ろも渋滞になってしまい、戻りたくても車だとUターンする場所もなく

どうにもならない状態のようでした。


私は原付でしたが、原付でさえ通り抜ける事が出来なくて

仕方なく私は引き返してかなり遠回する事になりました。


引き返している途中、

イライラした様子の運転手達が車の窓から顔を出して

「どうなってんの!?」と怒っている人もいました。


あんな場面を見てしまうと

自分の老後はどうすればいいんだろう~?と思います。









少し前にも書きましたが、

旦那の姉が車を買い替える為に、今の古い車を貰える事になりそうです。


こんな田舎だと車が無いと不便で、電車もバスも近くにありません。

タクシー代だと恐ろしく高くなってしまいます。

なのでやっぱり車があるのは有難いですが

車って何歳まで乗れるのでしょうね


今でさえ自分の記憶力や反射神経に自信がないのに

老人になっても運転するのは人に迷惑をかけそうで怖いです。


だけど原付は原付で、老人が乗るのは危険だし

じゃあどうやって買い物や病院に行けばいいの!?と思います。

ヘルパーにお願いできる介護状態にまでなれば

それを利用するかもしれませんが、

体はそこそこ元気だけど、運転は無理…っていう期間が

結構長いかもしれませんしね。


この先、宅配サービスが日常化したり、

激安タクシーとか登場してくれればいいですけど。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



\楽天イーグルス感謝祭/



↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・