パート

食べなくてもいいから付き合いランチ





昨日も暖かかったですが、今日はそれを通り越して

職場では暑いぐらいの気温でした。

暖かいのは嬉しいですが、朝はファンヒーターが必要なぐらい寒いので

寒暖差に体がついていかず、鼻水が止まりません。



で、ようやく脇腹の痛みが無くなったと思ったら

今朝は完全に寝違えたようで、肩と首が回らなくなってしまいました。

あっちが治ればこっち、そんな繰り返しです。

で、相変わらず顎の調子も悪くて開けづらいのですが、

今日はまた所長と奥さんにランチのお誘いを受けました。


ticket_coupon.jpg


というより、今回は「今日は昼ご飯は外に行くからね」

有無を言わさず決定しているかのようでした。

私は昼用にパンを持って行く事がほとんどなので

置いておけますし、急に言われて困るという事はないのですが


今回は顎も痛い事ですし、お断りしました。

「すみません、顎が開けづらくてあまり食べられないので私は結構です」
と。









するとやっぱり奥さんが怒り始めました。

どうやら、今日は行く店のランチクーポン券を持っているらしく、

それを使いたいようなのです。

でも私一人を留守番させるのは絶対ダメなようで(他人が家の留守番をするようなものだと言います)

結果、仕方なく?私を一緒に連れていってくれるのだと思いますが…。


「食べなくてもいいから来てよ」とまで言われ、

結果的に一緒に行く事になりました。


なのでまた奥さんの車でドライブです。

今回は前回以上に遠い場所だったので、

距離が長くて話題を考える事にかなり疲れてしまいました。

仕事場でも話題作りに悩みますが

車という狭い密室の中ではより一層早く話さないといけないプレッシャーを感じます。


所長は後部座席に座り、

「女性二人で楽しくお喋りして下さいよ」と言い

自分は寝てしまうので、「所長~助けて~」と思いつつ何とかその時間を耐えました。

今日の気温のせいか車の中は暑くて、

店につく頃には汗ばんでいました。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ





↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・