近所の人に保護してもらう





今日も暑いだろうと思い、

薄手のブラウス1枚で出勤しました。

でも今日は変な天気で、

雷が鳴り大雨だと思っていたら、しばらくするとカラッと晴れてきたりで

天気の変化が激しかったです。

職場の部屋の中もムンムンと蒸し暑い空気で、今日も汗をかきながら仕事を終えました。


oldman_haikai_woman.jpg



そして今日は仕事から自宅に戻り、玄関に入ろうとした時

近所の人に声をかけられました。

で、「一応報告しておこうと思って」と言うので

何事かと思い内容を聞くと、

今日はうちの舅と姑が外を散歩していて、

この近所の人に保護して頂いたと言うのです


うちの事をよく知って下さっている方なので良かったですが

まさかそんな事があったなんて思ってもなかったので、聞いた時には驚きました。

近所の人は、「きっとお姑さんはバツが悪くて

この事を家族に話さないと思ったので」
と、

わざわざ私にこっそり報告にきてくれたのです。









私は迷惑をかけた事を謝罪してお礼を言いました。

その近所の人と別れた後、

私は家に入り早速姑に問いただしました。

舅はあまり返答が無いので話になりません。

すると姑はあっけらかんとしていて

「うん、近所の人に家まで送ってもらったわ」と言っていました。


舅と二人で近所を散歩していて帰り道が分からなくなり、

丁度その時に近所の人が通りかかったようです。


でも以前にも道に迷った事があるので、

二人だけで知らない道や遠くまで散歩するのはやめておいてと言ってあったのに…。


姑はよく知っているすぐ近くの道だけを歩いて帰るつもりだったのに

気付いたら知らない道になっていた…と言うのですが…。


それにしてもうちの姑は頭や口はしっかりしていますが

道はすぐに分からなくなるんですよね。方向音痴というか。

それに今日は天気の変化が激しかったのに

よく二人とも濡れずに済んだものです。


また同じような事があれば、二人の事が心配というより、

他人に迷惑をかけないか…そちらの方が気になります。

当の本人は全く気にしていませんが。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



\楽天イーグルス感謝祭/



↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・