パート

知らない間に人が採用されていた





昨夜は急激に気温が下がり、

背中が寒くて目が覚めました。

起きてからも着替えるのが寒くて寒くて…

たまりかねてファンヒーターをつけましたが

なかなか体温が上がってきません。

その上原付出勤なので、手が凍えながら職場に着きました。


sweets_okashi_tsumeawase.jpg



そして驚いた事が!

今日は朝から仕事をしていると、

30分程経過した頃、女性の来客がありました。

最初、私はてっきりお客様だと思っていたのですが

驚いた事にその女性は今日から働く従業員だと言うのです


いつの間に面接したのか

いつの間に採用を決めたのか、全く知りませんでした。


確かに求人は出したままのようでしたが

いっこうに雇う気配がなかったので、本気で採用する気がないのかと思っていたところです


所長がその人に席を案内して、(と言ってもワンルームなのですぐ目の前ですが)

その次にようやく私に紹介されました。

その女性は私と同じぐらいの年齢か…もしかしたら少し年上かも。

でも明るくて社交的な雰囲気で

第一印象としては「いかにも奥さんが好きそうな人」だと思いました。


その方はSさんといい、

Sさんは仕事を始める前に、こっそり奥さんに箱を渡していました。

「今日から宜しくお願いします」という言葉を添えて。









見た目の印象通りやっぱり社交的です。

出勤初日に挨拶用の菓子折りを持ってきていたのです


それを見た私は居心地が悪くてたまりませんでした。

私はこの職場の初日、手ぶらで出勤したのです

思い返せば、過去の職場でも時々

何かと菓子折りを持ってくる人がいました。

休み明けや退職時はもちろん、職場へのお歳暮やお年賀、

そして初日出勤の挨拶…さらには特別何もない日でも

「これ美味しそうだから」と言って買ってくる人など。


それが悪い事だとは思わないですが

私はあまり積極的にそういう事をしないタイプです。

しないというか出来ないというか…。


お金が勿体ないとかが理由ではありません。

渡して良いのか、逆に迷惑じゃないかとか、他の従業員がどう思うかとか

色々考えすぎてしまうのです


でも今日のSさんはそんな事は気にしていない様子で

とても自然に明るく渡していました。

今後も私との社交性の差が浮き彫りになりそうで

すごく緊張しています。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ





↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・