ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



パート

年賀状一枚に全力で神経を使った





今日、仕事の帰りに

ようやく年賀状を買いに行きました。

年賀状…年々億劫になっています。

どんどん枚数も減っているので、余計にいっその事年賀状を終わりたいな~と思うのですが。


hagaki_1mai.jpg



早く準備しなくてはと思いつつ

何となく先延ばしになっていたのは、

所長(と奥さん)への年賀状がどう書けば良いのか

考えるのが面倒でした。


そもそも職場の人に年賀状を出すか出さないか

新しい職場に行くと悩みます。

昨年の正社員で勤めていた会社では

年賀状やお歳暮など、全くやり取りしている様子はなくて

仕事以外では一切関わらない感じでした

その点は今の職場よりドライだったので今思えば良かったです。


今の職場では奥さんが少し前に

「上司に年賀状を送らない非常識な人がいる」と話していたので

それを聞いていた私は「Sさんに便乗して住所を聞いておいて良かった…」と思いました。


奥さんの会話の中で度々、

「目上の人に失礼」とか、「礼儀は大切」という言葉が出てくるので

年賀状ひとつ送るにも神経を使います。









それで帰宅後にネットで調べ

印刷部分の文章で適切なのは?

一言書き足すならどんな文面が良いのか?

宛名は手書きにするべきか?

手書きのペンはどんな種類?


とか、色々他の事も神経質な程調べました。


それでいざ印刷しようとしたら

プリンターが反応せずに四苦八苦し、

手書きで宛名と一言書こうと思ったら

年賀状に最適とされる丁度良いペンが家になくて

雨の中を慌てて100均まで買いに行き、

駐車場で試し書きしてインクの濃さを太さをチェックし、

急いで家に戻り手書きの練習をして…。


たった1枚の年賀状の為に、

こんなに神経を使ったのは初めてです。

さらに出来上がった年賀状をじっくりみたら

宛名をペンで手書きしたものだから、うっすら裏側に文字が透けて見えて

「これは奥さんから嫌味を言われるかしら…」とまた不安になったり。

もはや私は神経症ですかね?







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ





↓貧乏飯ブログも書いています



関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・