貧乏

貧乏が染みついていて恥ずかしかった事

0




私はパート先にお弁当を持って行く時、

いつも箸箱を持って行きます。

それは特別変わった事ではなくて

普通の事だと思っていました。


だけど、最初にこの職場に行き始めてその箸箱をみんなに見られた時

みんなに、「えー?今でもまだ箸持参?」って驚かれました。

なんで驚くのか全く意味が分からなかったのですが

そのパート仲間達は

箸を持ち歩くって面倒だし不衛生だし、今は割り箸使う人の方が多いって言うのです。


社内のコップも同じで

私が若い頃にはみんな「マイコップ」がありまして、

自分用のマグカップなどを会社に置いていました。

それを当番のお茶係の人が

みんなの分も洗ったりしていたものです。


ですが今は自分用のコップを持参したり会社に置く事も

不衛生だし、面倒だそうです。






今は紙コップが当たり前。

会社にはお茶やコーヒーサーバーがあるので

それを紙コップで飲むのが普通になっています。


楽といえば楽でいいのですが、オバチャンとしては勿体なく思ってしまいます。


あともっと若い頃にも恥ずかしい思いをした事がありました。

私の実家では食器用洗剤をいつも水で薄めて使用していたのです。

子供の頃からそれで育ったのでそれが普通の事だと思っていました。


だから、最初に就職した時に、

職場のキッチンの洗剤を新しくおろした時に、水で薄めてしまったのです。

バカでしょう~?(笑)

当然、同僚達に驚かれて笑われてしまいました。

どんだけ貧乏に育ったんだ?って。


恥ずかしかったなー。

そんな風にして自分の育ってきた価値観と、世間の人との違いを実感する度に

私って貧乏なんだなーってつくづく思います。






ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・

[La_Vita] Designed by Akira.

Copyright © ~その日暮らし~ All Rights Reserved.