貧乏

ふるさと納税の制度が嫌いです





テレビでも最近よく

「ふるさと納税まだ間に合います」

みたいなCMやっていますよね。


今日もパート先で

ふるさと納税の話をしていました。


この話題、いつも年末が近くなると

「今年いくら寄付した?」って

話になります。


パート仲間達は

「うちは少なくて6万だけよー」とか

「うちはちょっと少な目に見積もって8万にしておいた」とか

結局収入自慢か!

って突っ込みたくなるような事を言うので

聞いていて気分は良くないです。


みんな、

年収いくら?って聞いたり答えたりしないのに、

ふるさと納税の金額は平気で言うから不思議です。






その金額を寄付出来るっていう事は

逆算してこれぐらいの年収以上はある……って

知られてしまうのに、

それでも寄付金額を大っぴらに言うのは

収入自慢にしか思えません。



私も「いくら寄付した?」って聞かれるのですが、

今日は思い切って

「旦那の年収が少なすぎて寄付なんてやる意味ない」って

答えました。

虚しくて悲しいですが事実です。


そしたらパート仲間が

「そんな事ないでしょー!」って笑ってましたけど、

そんな事あるんです、うちのような貧乏家は。。。


こういう会話をする度、

世間のみんなはすごい収入があるんだと実感して

いちいち気分がへこみます。






ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・

[La_Vita] Designed by Akira.

Copyright © ~その日暮らし~ All Rights Reserved.