節約

リサイクルショップに売ってきました

0




今日は洋服を売りに行ってきました。

昨日の様子からして、絶対に今日も姑が朝から来ると思ったので、

これは何か用事を作って私は家を出ようと考えました。


そこで、前々から興味のあった、

洋服を買い取ってくれる店に行ってみる事にしたのです。

パート仲間の間でも以前聞いた事があるのが、

洋服の重さに応じて買い取ってくれる店です。


ものすっごく激安で買い取られるらしいので、

元がブランドとか高級な物だったり、まだ新品に近い物なら

きっとオークションなどに出品した方がきっと得だと思います。


だけど、うちにあるのは正直買い取ってもらえるのかも

微妙~な感じの着古した安物ばかり。

こんな物を持って行って、本当に買い取ってもらえるの?っていう

心配と、それとは別に、

やっぱり売るのは勿体ないのかなーっていう未練も少しありました。


前にも書きましたが、洋服って、余程の事がない限り

着られなくなるって事はないですよね?

かといって外に来ていくにはすぐ時代遅れになったり、

毛玉やほつれが出来て、外出着には出来ない。。。

だから家の部屋着だけがどんどん増えていく状態になっていました。

そんな、まだ着られるけどお古な洋服を選別しながら、

この際思い切ってほとんどを売る事にしました。






どうせ部屋着にしか出来ないのだったらいっそ売って

スッキリしよう!って。


そしたら旦那の分と合わせると案外ゴミ袋に3袋ぐらいになって。

古いものだと20年以上前の服も結構たくさんあります。

それをほとんど着ていないけど勿体なくて捨てられなかったのだから

貧乏性ってやつでしょうか。。。

衣装ケースを次々と開けていると、息子の子供の頃の洋服まで

出て来て、それはさすがに何着か残す事にしました。

なんとなくあの頃の思い出に残しておきたくて。


で、いよいよリサイクル店に持っていったのですが、

思っていたより査定する時間がかかりました。

他にもたくさん持ってきている人がいて、順番待ち状態です。

リサイクル店って、買いに来る人より売りに来る人の方が多いんじゃないでしょうか?


そして、やっと私の番号が呼ばれて金額を提示されたのですが、

なんと430円!

ゴミ袋3袋分で430円です(涙)

まぁ、ゴミ袋が似合うぐらいのゴミみたいな服ばかりだから

当然っていえばそうでしょうけど。。。


だけど家の箪笥はスッキリしたし、ゴミレベルの服がお金になったので

これで良しとします。


帰宅したら、やっぱりまだ姑がいました。

「お土産買ってきてくれたぁ~??」っていう姑の大きな声が聞こえてきましたが、

私は聞こえないフリをしてそのまま真っ直ぐ二階へ避難。

毎日あの声を聞くのは限界があるわ。






ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・

[La_Vita] Designed by Akira.

Copyright © ~その日暮らし~ All Rights Reserved.