旦那

無駄な治療はいつまで続くのか?終わりが見えません





最近記事にする事も忘れていましたが。。。

旦那の歯列矯正

引き続きやっているんですよ。


旦那は50代だというのに、現在歯列矯正をやっています。

それが貧乏人のする事か!って

私もすごく思うのですが、

生まれつき歯並びが悪いのと

さらに子供の頃からの手入れが悪くて、

このままだとこの先歯はもたないと歯医者に言われ、

健康にも害が出ると言われたのをきっかけに矯正が始まりました。


今でも本当にやるべきだったのか疑問です。

よく歯列矯正体験者は、

「やって良かったって思います」って後日話しているけど、

それってお金に余裕があっての事じゃないかと思います。


うちなんて、旦那の職場から借金までして

給料から毎月天引きされているんですから。。。






そこまでしてするべきだったのか。。。

それに、いくら歯を綺麗にしようと思っても、

日頃の自意識が大切なんです!


歯は歯医者任せで、あとは家でお菓子ばかり食べていたら

すぐ虫歯になります(旦那はこの状態)

それだと歯列矯正している意味がない!!


今でも定期的に虫歯が発見されて

その治療費で無駄な金が飛んでいきます。。。


近所の高齢者が言ってたのですが、

「歯がなくても不便じゃないよ。何でも食べられるし」って。


やっぱり早まったか。

歯列矯正なんて、うちの旦那には必要なかった気がしてなりません!!






ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・

[La_Vita] Designed by Akira.

Copyright © ~その日暮らし~ All Rights Reserved.