ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



貧乏

消費税よりも老後の年金の方が気になります





消費税の増税、

リビングで一緒にテレビを見ていた姑も

「困るわぁ~これ以上生活苦しくなったら生きていけへんわぁ~」


ってぼやいていました。。。


だけどっ!!!

私は内心、

「あんたはこの先短いでしょ?本当に苦労するのはまだ先の長い私達よ!」って思っていました。


どんな税金が上がろうとも、今70代や80代の人は

所詮先が短いのだから何とかなるでしょ。


だけど私達以降の世代はどうなるの?

私は考えれば考える程、税金もそうですが

それ以前に年金が不安で仕方ありません。


私自身は正社員として厚生年金に加入していたのは

昔の数年間で、あとはずっと扶養です。厚生年金はほとんど無いのです。






どれだけ少ない給料だといっても

旦那は一応何十年も厚生年金に加入しているので

少なくともその分は受給できるでしょう。


だけど私はほぼ国民年金のみ。

旦那が先に死んだらどうなるの?遺族年金?


今までは遺族年金もアテに出来たかもしれませんが

今後いつどれだけ減額されるのか、無くなってしまうのか不安でなりません!



そう考えれば、消費税の増税よりも

社会保険の加入条件を下げて欲しい!!って強く思います。


無収入の人を扶養に入れるのはいいと思いますが、

少しでも収入がある限り、全員社保に加入しなければならない方がずっといいです。

雇用保険に近い感じで、全て率で計算するとか。


そうしたら、130万の壁も無くなる訳だし

正社員になるのは無理だけど、

普通のパートよりはもう少し働きたい人にとってはいいんだけどなー。


たとえ社保に加入して今の手取りが減ったとしても

老後の安心が多少増えるのならその方がいいと思うのですが。。。









ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ






↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・