ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ





節約

日本の公的医療保険制度は貧乏人の味方





今日はパートが午前勤務でした。

午後から空いた時間。

在宅ワークの方も今日は丁度預かっている仕事がありません。


これは……行くしかない。

と、今日は重い腰を上げて、昼から胃腸科に行ってきました。


何とか市販の薬で済ませたかったので

先日ドラッグストアに買いに走りましたが。。。

夜の薬剤師を探し回りました。。。


ドラッグストアでガスター10を買ったものの

それだけではすぐに治りそうもないので諦めました。


病院でちゃんとした薬を処方してもらったのですが、

出してもらったのは28日分。

出せるだけ長期間出してもらいました。

それで診察代と薬代を合わせて

合計3,500円程度。









薬は胃酸を抑える薬だけでなく

胃粘膜を保護する薬や整腸剤など、他にも複数出してもらっています。

それで3,500円……やっぱり安いです。


それに比べて、市販のガスター10

1箱12錠で1,700円でした。

1日に2錠服用するので、なんと6日分しかないんです(涙)


これが私が病院に行く事にした何よりの理由です。

もしかしたら、市販のガスター10でも1か月以上服用し続ければ

治るかもしれません。

でも!薬代が高すぎるでしょ!何箱も買えません。

それに比べればやっぱり病院で処方された薬は安いです。。。


昔と違って、窓口が3割負担になって厳しいーとか

普段は文句ばかり言っていますが、

それを含めても市販の薬に比べれば本当に安いと実感しました。


結局、市販の薬を買ってしまった事は無駄な出費でしたが、

健康保険制度に助けられていると気付けた事は良かったかもしれませんね。







ランキング参加中
応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ





↓姉妹ブログ


関連記事


・・・・人気記事ランキング・・・・